1. HOME
  2. イベント一覧
  3. 〈シリーズ和・華・調〉世田谷区民会館 杮落し公演

イベント詳細

<small>〈シリーズ和・華・調〉</small><br />世田谷区民会館 杮落し公演

〈シリーズ和・華・調〉
世田谷区民会館 杮落し公演
【未就学児入場不可】


2024年8月11日(日・祝)15:00 開演(14:00開場)
世田谷区民会館 アクセスマップ
Google マップへのリンク

住所:東京都世田谷区世田谷4-21-27

新しい世田谷区民会館のハレの舞台を彩るのは、歌舞伎の名女方・中村雀右衛門によるおめでたい祝儀の舞「雛鶴三番叟(ひなづるさんばそう)」。そして、長唄三味線の人間国宝であり、作曲家でもある今藤政太郎の作品「螢」の豪華二本立て。
こけら落としでしか行われない貴重な“開場の儀式”にもご注目です。「こけら落としを見ると寿命がのびる」という言い伝えがあるほどの縁起もの。どうぞお見逃しなく!

チラシ詳細はこちらから(PDFファイル)


出演

中村雀右衛門 プロフィール
大谷廣松 プロフィール  他


監修

今藤政太郎 プロフィール


演奏

【唄】
今藤政貴
  ○
今藤政之祐/杵家弥佑/杵屋巳之助/杵屋佐喜
  ○
今藤長一郎
  ○
今藤政子/今藤美知央/萩岡松柯/萩岡由子

【三味線】
杵屋佐吉
  ○
今藤美治郎/今藤長龍郎/今藤政十郎/杵屋三禄/今藤龍十郎

【囃子】
藤舎清之/望月太津之/堅田新十郎/梅屋右近/藤舎雪丸/中村寿翔
  ○
藤舎貴生

【胡弓】
川瀬露秋

【わらべうた】
世田谷ジュニア合唱団(合唱指導:掛江みどり)
中川典子/中川綾


演目

第1部 歌舞伎舞踊「雛鶴三番叟」(中村雀右衛門・大谷廣松)
第2部 長唄演奏 創作「螢」(作詞:竹田真砂子/作曲:今藤政太郎/作調:藤舎呂船)


料金

S席
一般 8,500円
せたがやアーツカード/世田谷区民割引 7,200円

A席
一般 6,000円
せたがやアーツカード/世田谷区民割引 5,000円

B席
一般 4,500円
せたがやアーツカード/世田谷区民割引 4,000円

※全席指定・消費税込
※未就学児入場不可

※「せたがやアーツカード割引」は前売りのみ

※車椅子スペースあり(定員あり・要予約)
 料金:4,050円・付添者は1名まで無料
 申込:世田谷パブリックシアターチケットセンター(03-5432-1515)へお申込みください(定員になり次第締切らせていただきます)


チケット取扱い

●一般料金
●せたがやアーツカード割引料金(前売りのみ)
世田谷パブリックシアターチケットセンターでお取扱いしています(下部「チケット申込」ボタンより)。
※発売開始初日はオンラインと電話での受付となり、翌日以降、残席がある場合は窓口でもお取扱いします。
※1申込につき1席種4枚まで


●世田谷区民割引料金
下記の施設窓口のみのお取扱いとなります。ご注意ください。

【営業時間(各施設共通)10:00~17:00/休館日除く】
・世田谷区民会館管理事務室(電話03-5432-2837)
・成城ホール事務室(電話03-3482-1313)
・北沢タウンホール事務室(電話03-5478-8006)
・玉川せせらぎホール事務室(電話03-3702-1675)
・烏山区民センター管理事務室(電話03-3326-3511)

※窓口で区在住の証明書類を提示してください
※お支払いは現金のみとなります
※取扱い枚数に限りがあります
※一般料金とせたがやアーツカード割引料金の取扱いはありません
※1申込につき1席種4枚まで


発売開始

2024年5月15日(水)10:00

※ステージプラン決定により、5/25(土)10:00よりS席の追加販売を行います。
 販売窓口により残席状況が異なります。ご来館前に各窓口へお問い合わせください。(5/24更新)


座席配置図

座席配置図はこちらから(PDFファイル)



プロフィール

中村雀右衛門

NAKAMURA Jakuemon
1955年11月20日生まれ。四代目中村雀右衛門の次男。1961年2月に初代大谷広松を名乗り初舞台。1964年9月に七代目中村芝雀を襲名、2016年3月に五代目中村雀右衛門を襲名。屋号・京屋。
立女形として真っ直ぐに本道を邁進する。人間国宝であった亡父の大名跡を襲名後、大役に次々挑み芸に磨きをかけている。
2008年日本芸術院賞、2010年紫綬褒章、2017年読売演劇大賞優秀男優賞ほか受賞多数。日本俳優協会・理事、伝統歌舞伎保存会・理事。

大谷廣松

OTANI Hiromatsu
1993年7月21日生まれ。八代目大谷友右衛門の次男。2003年1月二代目大谷廣松を名乗り初舞台。屋号・明石屋。
人間国宝であった故・四代目中村雀右衛門を祖父に持ち、現・五代目中村雀右衛門は叔父。舞台では女形を中心に様々な役を演じている。子供たちに歌舞伎の魅力を伝えるワークショップに参加するなど歌舞伎の普及にも意欲的に取り組んでいる。今後の活躍が期待される若手花形の一人である。

今藤政太郎

IMAFUJI Masataro
1935年四世藤舎呂船、藤舎せい子の長男として生まれる。東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。1962年より演奏・作曲両面で活動し受賞多数。1963年二世今藤政太郎襲名。1978年アメリカでの歌舞伎公演をはじめ、国内外の演奏会・舞踊界の立三味線として活躍。2013年、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。作品に「六斎念仏意想曲」「能楽囃子による組曲」「雨」他多数。現代邦楽作曲家連盟理事長。


主催

世田谷区

共催

公益財団法人せたがや文化財団 音楽事業部

後援

世田谷区教育委員会

企画協力

織田紘二

PAGE TOP