1. HOME
  2. イベント一覧
  3. ミュージックラウンジChill Music Concert ~ほっと一息いかがですか~

イベント詳細

ミュージックラウンジ<br />Chill Music Concert <small>~ほっと一息いかがですか~</small>

ミュージックラウンジ
Chill Music Concert ~ほっと一息いかがですか~
【未就学児入場不可】


2022年6月17日(金)19:00開演(18:15開場)
北沢タウンホール アクセスマップ
Google マップへのリンク

住所:東京都世田谷区北沢2-8-18・2階
※北沢タウンホール専用の駐車場はありません。地下2階に公共有料駐車場がございますが、台数に限りがありますのでご注意ください。

[交通]
電車:小田急線・京王井の頭線 「下北沢」駅 徒歩5分
バス:小田急バス(下61)「北沢タウンホール」 徒歩0分

仕事終わりにほっと一息、音楽で日々の疲れを癒せるようなコンサートを‥‥。そんなコンセプトから始まる新シリーズ第1弾。

日本で唯一ベルギー配列を操るアコーディオン奏者・桑山哲也が初回を飾ります。


♪トークショーも開催!
【桑山哲也トーク・ショー 「アコーディオン話会」】
▼下記よりご確認・お申込みください!

チラシ詳細はこちらから(PDFファイル)


出演

桑山哲也(アコーディオン) プロフィール

大貫祐一郎(ピアノ) プロフィール

藤田朋子(ヴォーカル) プロフィール


曲目

桑山哲也:アカプルコの月

ピアソラ:リベルタンゴ

シェーンベルク:夢やぶれて

ハーライン:星に願いを  他


料金

一般 3,000円
せたがやアーツカード・世田谷パブリックシアター友の会 2,700円(前売のみ)

※全席指定・消費税込
※未就学児入場不可

※車椅子スペース有(定員有・要予約)
 料金:2,700円・付添者は1名まで無料。
 申込:公演日前日の19:00までに世田谷パブリックシアターチケットセンター(03-5432-1515)へ

※チケット発売受付は、「電話」または「オンライン」のみです。チケットセンター窓口での発売・発券はございません。
※お支払いは、「セブン-イレブン店頭」または「オンラインクレジットカード決済」となります。
※チケット発券は、「セブン-イレブン発券(手数料1枚につき110円)」のみとなります。
※「せたおんの新型コロナウイルス感染症拡大防止対策とお客様へのお願い」をご了承の上、ご来場ください。

※曲目等、公演の内容が変更となる場合があります。

発売開始

2022年4月18日(月)10:00


その他

◆開場・休憩時間には、ロビーにてドリンク&スナックを販売する予定です(感染症の状況に応じて変更する場合もあります)


【 桑山哲也トーク・ショー 「アコーディオン話会」】

6/1(水)19:00開始(18:45受付開始)
会場:▼三茶しゃれなあどホール オリオン
★入場無料★

アコーディオン弾き・桑山哲也さんに、アコーディオンについてのウンチクなどアレコレ楽しく、お喋りしていただく夕べです。
肩のこらない、1時間くらいの催し。ぜひ気軽にお楽しみください。

◆事前申込制(下記よりお申込みください)
▼オンライン 【5/17(火)11時より受付開始・先着順】
※外部サイト(teket)へリンクします


プロフィール

桑山哲也(アコーディオン)

KUWAYAMA Tetsuya
1972年4月13日 北海道札幌市生まれ
父、桑山真弓(作曲家、アコーディオニスト)より6歳からアコーディオン(ピアノ鍵盤式)を学ぶ。12歳で第4回全日本アコーディオンコンテストジュニア第一位。14歳の時、イヴ・モンタン等の伴奏にも携わっていたフランス屈指のアコーディオン奏者で当時千葉に住んでいた故デデ・モンマルトル(アドレアン・レジャン)氏に師事。同時にボタン・アコーディオンに転向し、約2年間にわたりフランス音楽のエッセンスを徹底的に教え込まれる。15歳で第5回全日本アコーディオンコンテストジュニア2部1位、総合でも準優勝。10代から札幌でプロ活動をはじめ、1992年20歳で上京、フランスで開催されたシャルトル・アコーディオン・フェスティバルへ日本人として最年少で出演。1994年、菅原洋一のツアー・バンドのメンバーとなり、1998年からは、毎年NHKホールで開催される、日本で最も大きなシャンソンの祭典『パリ祭』のレギュラーサポートメンバーとなる。また、本格派フランス・ミュゼット(アコーディオンを中心としたフランス大衆音楽)のバンド「ビストロ・テンポ」に参加し、「恋人たちのミュゼット」など5枚のアルバムをリリースし、ボタン式アコーディオンを操る最年少アコーディオン奏者として注目される。1998年7月オーチャードホール、スーパーアコーディオン・コンサートにゲスト出演し、アコーディオンの神様マルセル・アゾーラより絶賛される。シャンソンやタンゴの伴奏で大忙しの日々を送る一方で、1999年にミュゼットやタンゴをカヴァーしたファースト・アルバム『ぼくのミュゼット』を発表。2000年から本格的なソロ活動をはじめ、情感あふれる表現力と抜きん出たテクニックで多くのファンを獲得。様々なジャンルのアーティストとの共演、客演、TV、CM、映画等映像作品への参加も数多く、その才能は幅広いジャンルのアーティストから高く評価されている。

大貫祐一郎(ピアノ)

Onuki Yuichiro
1976年東京生まれ
7歳からピアノを始める。洗足学園大学音楽学部ピアノ科卒業。三澤慶子氏、深井克則氏に師事。在学中にNHK公開生放送、NHKホールにて前川清、田代ユリ等と共演。卒業後は芦野宏、ペギー葉山、菅原洋一、雪村いづみ、天童よしみ、上條恒彦、叶正子(サーカス)、クミコ、井上芳雄、彩吹真央、佐々木秀実、等、シャンソン、ジャズ、ポップス、と様々なジャンルで活動する。オーケストラアンサンブル金沢ポップスコンサートにて、大橋純子、サーカス、布施明、渡辺真知子に提供したアレンジが高い評価を受け、編曲家としても注目されている。
前田憲男指揮、東京交響楽団と共演。
雪村いづみ「デビュー60周年記念コンサート」
井上芳雄「Come Fry With Me-Birthday Special Week」 「WOWOW 僕らのミュージカルソングコンサート」 「WOWOW トライベッカ」 「WOWOW グリーン&ブラックス」
彩吹真央「Live 2015 The Woman Y」
名探偵コナンTV&MOVIE20周年記念コンサート音楽監督
舞台「I LOVE a PIANO」音楽監督

藤田朋子(ヴォーカル)

FUJITA Tomoko
1965年8月3日生まれ 東京都出身
1987年ミュージカル「レ・ミゼラブル」でデビュー。翌年NHK朝の連続テレビ小説「ノンちゃんの夢」にヒロインとしてドラマデビュー。TBSドラマ「渡る世間は鬼ばかり」では長年にわたり五女・長子役を好演。近年の出演作品には、東海/フジテレビ系ドラマ「おいハンサム!!」、映画「エッシャー通りの赤いポスト」、舞台「政見放送」、ディズニー映画「ミラベルと魔法だらけの家」(声の出演)などがあり、現在公開中の映画「極主婦道 ザ・シネマ」のほかにも多数の映画公開が控えている。また、ドラマ・映画・舞台以外に歌手として夫であるアコーディオニスト桑山哲也氏と定期的にライブを開催。
和装小物ブランド「苺壱ゑ」、アクセサリーと食器ブランド「じゅわいぼる」などプロデュース展開し、幅広く活躍中。


主催

公益財団法人せたがや文化財団 音楽事業部

後援

世田谷区
世田谷区教育委員会

協力

松本記念音楽迎賓館
(株)世田谷サービス公社 エフエム世田谷
(有)太子堂楽器店

PAGE TOP