1. HOME
  2. イベント一覧
  3. 宮川彬良のせたがや音楽研究所#13~ギューッとなって、ドーン!~

イベント詳細

宮川彬良のせたがや音楽研究所#13<br>~ギューッとなって、ドーン!~

宮川彬良のせたがや音楽研究所#13
~ギューッとなって、ドーン!~
【未就学児入場不可】 【完売いたしました】当日券はございません


2021年9月23日(木・祝)17:00開演
北沢タウンホール アクセスマップ
Google マップへのリンク

Address: 2-8-18 Kitazawa, Setagaya-ku, Tokyo

Access:
By train: Take the Odakyu Line or Keio Inokashira Line, and get off at ‘Shimokitazawa Stn.’ North gate and walk for 5 mins.

Note: Shimokitazawa Stn. is undergoing construction and you may be directed to exit from a different gate.

音楽の秘密や仕掛けを、アキラ所長のユーモアあふれるトークと音楽でお送りする「せたがや音楽研究所」。

今回はラジオパーソナリティの玉川美沙さんをお迎えし、所長の頭と心、人生のすべてからあふれ出る音楽の楽しみ方、そして昭和歌謡の魅力をたっぷりとお届けいたします。

チラシ詳細はこちらから(PDFファイル)

◆公演は感染症対策を講じ開催いたしますが、緊急事態宣言下につき「チケットの払戻し」をご希望の方は下記をご覧ください
チケット払戻しについて(PDFファイル)


出演者

宮川彬良(作曲家・舞台音楽家)   >プロフィール…

玉川美沙(ラジオパーソナリティ)   >プロフィール…

ダイナマイトしゃかりきサ~カス   >プロフィール…


料金

一般 4,000円
せたがやアーツカード・世田谷パブリックシアター友の会 3,500円(前売のみ)

※全席指定・消費税込
※未就学児入場不可
※車椅子スペースあり(定員あり・要予約)
 料金:10%割引・付添者は1名まで無料
 申込:公演日前日の19:00までに世田谷パブリックシアターチケットセンター(03-5432-1515)へ
※チケット発売受付は、「電話」または「オンライン」のみです。チケットセンター窓口での発売・発券はございません。
※お支払いは、「セブン-イレブン店頭」または「オンラインクレジットカード決済」となります。
※チケット発券は、「セブン-イレブン発券(手数料1枚につき110円)」のみとなります。
※「せたおんの新型コロナウイルス感染症拡大防止対策とお客様へのお願い」をご了承の上、ご来場ください。

座席配置図

座席配置図はこちらから(PDFファイル)

※今後の感染状況に応じて会場利用定員に変更があった場合は、販売席数を見直し、追加席の販売をすることがあります。

発売開始日

2021年7月26日(月)


プロフィール

宮川彬良(作曲家・舞台音楽家)

1961年東京都出身
劇団四季、東京ディズニーランドなどのショーの音楽で作曲家デビュー。その後、数多くのミュージカル・舞台音楽を手掛ける。代表作に「ONE MAN’S DREAM」「身毒丸」「シャンポーの森で眠る」「ミラクル」「ハムレット」「マクベス」「家なき子」「血の起源」「星の王子さま」「ルビチ」「ザ・ヒットパレード」「ムサシ」「欲望という名の電車」「ナイン・テイルズ」など。1996年「身毒丸」で第4回読売演劇大賞・優秀スタッフ賞受賞、2000年「ミラクル」で東京芸術劇場ミュージカル月間優秀賞受賞。2005年「ハムレット」(再演)で第12回読売演劇大賞・優秀スタッフ賞受賞。2021年祝祭音楽劇「天保十二年のシェイクスピア」で第28回読売演劇大賞・優秀スタッフ賞受賞。また、2004年には松平健のショーのために作曲した「マツケンサンバⅡ」が大ブレイク、舞台音楽からヒット曲を送り出した。
一方、『コンサートはショーである』を信条に、さまざまな企画のコンサートを日本全国で行っている。作曲、編曲、指揮、ピアノ演奏、解説すべてが自身によるそのコンサートは、「アキラさんとまこと君 ふたりのオーケストラ」「未来の音楽授業!アキラ塾」「アキラさん’s アカデミー」自作の舞台音楽を演奏する「宮川彬良 心deバレエ」「宮川彬良×米良美一ふたりの歌謡ショウ」「0歳からのパントマイム・オーケストラ」など多彩なスタイルを披露、幅広い層に親しまれている。演奏会でよく演奏される「風のオリヴァストロ」は、TV番組「AQUOS美術館『かくて名画は生まれた』」のテーマ曲として作曲し、のちに歌詞がつけられ代表作のひとつとなった。また、「シンフォニック・マンボNo.5」はベートーヴェンの交響曲第5番「運命」とペレス・プラードの「マンボNo.5」をミックスした究極のアレンジ作品で、海外でも人気がある。
1995~2010年 大阪フィル・ポップス・コンサートの音楽監督・常任指揮者、1998年~宮川彬良&アンサンブル・ベガの音楽監督、2014年~Osaka Shion Wind Orchestraの音楽監督、せたがや文化財団スペシャルプロデューサー。
2003~2010年NHK Eテレ「クインテット」、2009~2010年NHK BS2「どれみふぁワンダーランド」、2011~2012年NHK BSプレミアム「宮川彬良のショータイム」の音楽担当、並びに出演。2012~2018年文化放送「玉川美沙ハピリー」内「ハピリーくらしっく」レギュラー出演。2001年アニメ「星のカービィ」、2012年「宇宙戦艦ヤマト2199」、2017年「宇宙戦艦ヤマト2202」の音楽担当。2013年歌劇「あしたの瞳」、2015年歌劇「ブラックジャック」を発表。2016年NHK木曜時代劇「ちかえもん」、2017年NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の音楽担当、「第68回紅白歌合戦」のオープニングテーマ、2020/21年全日本吹奏楽コンクール課題曲「僕らのインベンション」作曲など、その活躍の場は多岐にわたる。
【ホームページ】

玉川美沙(ラジオパーソナリティ)

1971年2月28日生まれ。大阪府出身。
1994年FM OSAKAの人気番組「Jay Land Shuffle」でラジオパーソナリティとしてデビュー。その後上京し、NACK5「NACK WITH YOU」、「The Natty Radio Show 鬼玉」をはじめ、NHK FM、TOKYO FM、J-WAVE、ニッポン放送、TBSラジオ、文化放送など、全ての東京キー局においてメインパーソナリティを務める。またTBS「王様のブランチ」では初代音楽コメンテーターを担当し、映画コメンテーター、エッセイストとしても活躍。2010年に結婚し、翌年に長男を出産。食生活アドバイザーと焼酎アドバイザーの資格を持っており、美味しい食べ物とうまい酒には目がない。元バイク乗りで、鉄道旅と農作業が大好きなアラフィフ女子。
ツイキャス、17LIVEにて毎日配信中!
【Twitter】
【ブログ】

ダイナマイトしゃかりきサ~カス

関西発3人組ボーカルエンターテイメントグループ。
聴くだけで元気になれるオリジナル曲を中心に、カバー曲もしゃかりきテイストでお届けする音楽のサーカス団。
2002年活動開始。関東・関西・名古屋などを中心に全国的にライブ活動を展開。
2007年ソニー系レーベルよりメジャーデビュー。
抜群のチームワークから紡がれるハーモニーと変幻自在な3つの歌声で、歌謡曲からゴスペルまで様々な要素を盛り込んだ音楽をお届けする。また関西仕込みのトークも交えて、客席と一体となるステージには定評がある。NHK BSプレミアム「宮川彬良のショータイム」での共演をきっかけにその実力は宮川彬良氏にも認められ、BSフジ「堺でございます」朝日放送「題名のない音楽会」などテレビ番組でも共演。近年は4人のユニットでのコンサートも開催し、好評を博している。その他、ライブやレコーディングのコーラス参加、ラジオDJ、CMソング、演劇や映画の劇中歌の制作・歌唱・歌唱指導等その活動は多岐にわたる。
【ホームページ】


主催

公益財団法人せたがや文化財団 音楽事業部

後援

世田谷区
世田谷区教育委員会

協力

(株)世田谷サービス公社 エフエム世田谷
松本記念音楽迎賓館
(有)太子堂楽器店

PAGE TOP